iPhoneをWi-Fi接続

iPhoneはモバイル回線であれば、設定の必要はなく接続が可能で通信を行うことが出来ます。
しかし、Wi-Fi接続となると話が別で、別途設定が必要となります。そのWi-Fiの設定方法についてですが、まずWi-Fiのスイッチを確認しましょう。

設定メニューからWi-Fiの設定画面を選択して、もしOFFになっているのであればONにします。

ONにした後はメニューの下部に接続可能なSSIDが表示されます。
そして、接続するSSIDを決め選択をするとパスワードの入力画面が表示されます。

iPhone6sの発売日の知りたかった情報がきっと見つかります。

このパスワードは無線LANルーターの背面もしくは説明書に同梱されています。

各SSIDに対応したパスワードになっているため、打ち間違えに注意しましょう。
1文字でも間違えれば、接続はできません。

iPhone7の口コミ情報を参考にしよう。

無事に接続が完了となれば、ステータスバーに扇のマークが表示され通信できるようになります。


モバイル回線よりも高速で通信が行えるため、インターネットを閲覧すると、その速さを知ることができます。

モバイル回線の場合、iPhoneであっても通信の容量制限があります。

iPhone7関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

モバイル回線ばかりを利用すれば、すぐに制限を突破して遅い回線へと切り替わってしまいます。


そうならないためにも頻繁にiPhoneをWi-Fi接続するようにしましょう。

Wi-Fi接続は一度設定を行っておけば、ずっと使うことができます。通信容量のことが気になるなら、まずは設定をしてみましょう。